あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

7つの項目で総合診断 入れ歯検診 DENTURES DOCK

受診料無料!
  • 噛み合わせ
  • フィット感
  • 見た目

詳しくはこちら

あなたの入れ歯のお悩みを解決できる”当院だけ”のご提案

なぜ今まで入れていた入れ歯が「噛めない」のか、当院の院長がご説明いたします。

入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)が噛めないという理由でご来院される方のほとんどが、一見して「これは噛めないな」と思ってしまう入れ歯を着けていらっしゃいます。そもそも初期段階の型取りの仕方が悪くてずれてしまう場合や、使っている素材の違い等々…。後は保険で入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)を製作することに対しての、技工所側がかけられる工数の限界も理由のひとつでしょう。これらの課題を総合的に捕らえ、あなたにとって最善のご提案をいたします。

なせ当院の入れ歯は「噛めて」「幸せになる」のか

  • お悩みを聴くことへのこだわり
  • 過去の実績への誇り
  • お口だけではなく全身を診る治療
  • 入れ歯の匠との提携

  • CASE01 見た目で入れ歯と分かる治療は避けたい…
  • CASE02 せっかく入れ歯を作ったのに、外れるし噛めない…
  • CASE03 入れ歯の金属のバネが気になって、大きく口を開けて笑えない…

症例一覧を見る

ドクターブログ

    記事一覧を見る

    入れ歯無料相談

    入れ歯でお悩みの方、お気軽に無料相談にご来院ください。 03-5383-8211

    • ドクターズファイル
    • 大山歯科医院 本院サイト
    • ドクターブログ
    • 何でも噛める 痛くない 精密総入れ歯
    • 何でも噛める 痛くない 精密総入れ歯

    当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

    • 充実のカウンセリング
    • 圧倒的な症例数
    • 徹底的な咬合検査
    • 入れ歯専門技工所と連携
    • 究極の部分入れ歯
    • 究極の総入れ歯

    当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

    • 充実のカウンセリング
    • 圧倒的な症例数

    当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

    • お悩みを聴くことへのこだわり
    • 過去の実績への誇り
    • お口だけではなく全身を診る治療
    • 入れ歯の匠との提携

    入れ歯症例集

    • CASE01 見た目で入れ歯と分かる治療は避けたい…
    • CASE02 せっかく入れ歯を作ったのに、外れるし噛めない…
    • CASE03 入れ歯の金属のバネが気になって、大きく口を開けて笑えない…

    症例一覧を見る

    院長挨拶

    皆様の最後の歯科医院になるというポリシーを貫いて

    練馬区(練馬)の歯医者・大山歯科医院院長の大山浩一です。昭和41年、板橋区南常盤台生まれ。
    幼い頃はおとなしい性格で、家の中で遊ぶのが好きな子供でした。

    私の母親が技術職(美容師)だった影響もあり、また人の役に立てる仕事に就きたいと思い、歯医者を志し
    昭和59年に歯科大学(日本大学松戸歯学部)へ進学。歯科医を志した理由としては、 私が幼少の頃、祖父が
    入れ歯の調子が悪く、そのため十分に食事が出来ず体調を崩したことがありました。その時祖父のかかりつけ
    の歯医者さんが新しく入れ歯を作ってくれ、食事が出来るようになった祖父は健康を取りもどし、元気になっ
    た姿を見て、子供心に「歯医者さんってスゴイ人だな」と思った記憶が鮮明に残っていることも挙げられます。

    平成7年(1995年)1月にこの地、練馬区田柄に開業いたしました。この地に開業した理由は、
    以前母親の経営する美容室の分室が今の医院の土地にあり、私が幼い頃この場所に何度も訪れ
    ていたので、とてもなじみのある場所だったからです。

    当院は、練馬区(練馬)の東京メトロ有楽町線・副都心線平和台駅の近くで開業した歯医者(歯科医院)です。
    東武東上線・下赤塚駅も徒歩圏内に位置しております。1995年1月に練馬区(練馬)の田柄で開院して以来、
    地域の皆様からの温かいご支持を受けながら、この練馬区・田柄、北町、春日町、平和台、光が丘、早宮、
    練馬。板橋区・赤塚、徳丸、成増等の皆様のホームドクターとなる練馬区(練馬)の歯医者(歯科)として
    皆様のお口の中を診て参りました。

    「患者様が歯科治療を通じて快適で幸せな人生を送るようになれることを追求し、『皆様の最後の歯医者・歯科医院』になって
    末永く皆様の健康を維持するお手伝いをする」というポリシーのもと、通っていただく皆様に対して「最良の歯科治療とは何か」、
    「歯医者として何ができるのか」を常に考えながら治療にあたっております。

    院長挨拶

    「患者さんに歓んでもらうことが、私の歓び」それを一番感じることが入れ歯治療

    私は今まで25年の歯科医師人生の中で1200人程度の「入れ歯難民」とも言える、どの歯科医院に
    行っても入れ歯がよくならないという、心から悩みを抱えている患者さんと真摯に向き合ってきました。

    歯科医師一年目から積極的に入れ歯の治療に関わる中で色々な勉強会、セミナーに出席しました。
    入れ歯のセミナーはもちろん、包括歯科1年コース、歯周病1年間コース、インプラント1年間コース、
    矯正2年間コース等、思いだせないほど受講しました。

    一生懸命に勉強してわかったこと。それは、入れ歯の技術は虫歯治療、歯周病、咬み合わせ、摂食嚥下、予防歯科、
    力学、生理学、解剖学等総合的な知識の上になりたち、患者さんに喜んでいただける入れ歯を作るには、それらの
    知識、技術を高いレベルで有しないとならない事を気づき、学び発見しました。

    このように私が入れ歯治療を専門分野としたことには、あるきっかけがあります。

    ある暑さが続く夏のこと、私の祖父の入れ歯が調子悪く思うように食事が取れなくなり、また夏バテも重なって
    体調を崩してしまいました。私はちょうど夏休みで毎日祖父の様子をみていたのですが、日ごとに元気、気力がなくなっていくのが分かりました。



    このままでは寝込んでしまいそうになったので、私の父が祖父に付き添って、かかりつけの歯医者さんでしっかり合った新しい入れ歯を作ってもらいました。

    秋になり、ちゃんと食事ができるようになった祖父はだんだん体調も元に戻り、元気や生きていく気力も取り戻し、それから10年以上、90歳を過ぎるまで、心も身体も健康に過ごし、「天寿」を全うしました。

    「合った入れ歯でここまで人生が変わるのか!」と入れ歯が健康に及ぼす悪い面と、反対に入れ歯によってこんなにも患者さんを幸せにできるのだと衝撃を受けた体験が、今の私の歯科医師としてのバックボーンになっているのだと思います。

    患者さんに健康になって頂きたい、と思い「知識、技術、経験」を駆使して作ってさしあげた入れ歯をよろこんで頂き、今まで入れ歯にお困りだった患者さんの健康回復のお手伝いが出来た時に歯科医師としてのやりがいを強く感じます。

    「患者さんに歓んでもらうことが、私の歓び」
    この言葉が私の歯科医師としてのあり方を示す一言であり、私を突き動かす原動力です。

    ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

    タップでTELする 03-5382-8211