あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

入れ歯にまつわる質問

総入れ歯の保険のものと金属床のものの違いは?

  • 保険

    国民健康保険などの保険を使って総入れ歯(総義歯)を作る場合には、レジンという素材になります。総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。

  • 金属床

    義歯床の部分が金属でできている入れ歯です。金属床は床部分を薄い金属で製作しています。金属は熱伝導率が高いため、食べ物や飲み物を口の中に入れたときに温度が伝わりやすく、おいしく食事をすることができます。またレジン床義歯よりも丈夫です。

このように通常の保険の総入れ歯と金属床の総入れ歯という比較だけでも多くの違いが存在します。

また当院では金属床の総入れ歯だけではなく、上下同時印象法を用いた「外れない」「痛くない」「何でも噛める」超精密入れ歯の治療を行っていますので、入れ歯で悩んでいる方はぜひ一度ご相談下さい。

  • 院長・スタッフ紹介
  • 部分入れ歯
  • 総入れ歯
  • 料金表
  • アクセス
  • 入れ歯無料相談

入れ歯無料相談

入れ歯でお悩みの方、お気軽に無料相談にご来院ください。 03-5383-8211

  • ドクターズファイル
  • 大山歯科医院 本院サイト
  • ドクターブログ
  • 何でも噛める 痛くない 精密総入れ歯
  • 何でも噛める 痛くない 精密総入れ歯

当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

  • 充実のカウンセリング
  • 圧倒的な症例数
  • 徹底的な咬合検査
  • 入れ歯専門技工所と連携
  • 究極の部分入れ歯
  • 究極の総入れ歯

当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

  • 充実のカウンセリング
  • 圧倒的な症例数

当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

  • お悩みを聴くことへのこだわり
  • 過去の実績への誇り
  • お口だけではなく全身を診る治療
  • 入れ歯の匠との提携
  • 入れ歯症例集
  • 入れ歯にまつわる質問

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211