あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

入れ歯にまつわる質問

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いについて教えて下さい

保険内の入れ歯の歯茎を覆う床の部分は、レジンという樹脂(プラスチック)で作られます。レジンは割れやすいため厚みが必要となります。このレジンの一部を金属のバーにする作りもありますが、安定が悪くなります。また固定するために残存歯に掛けるものは、針金や金属になります。

入れ歯は、本数や歯の部位によっては作りが複雑であり、基本的に、一部でも保険の規定外の作りや素材を使用した場合は、保険外の入れ歯となります。 良くあるものでは、粘膜を広く覆う部分を金属で作製したものです。 金属は薄くて丈夫であり、熱伝導もあるため違和感が少ないことが利点です。

下の歯には安定感のあるコバルト、上の歯には軽いチタンを使用することが多く、粘膜に親和性のあるゴールドを使用することもあります。また、他の保険外の入れ歯で、磁石で安定を助けるものや残存歯に掛ける鉤の部分を、目立たないようにピンクの樹脂で作製したものや、歯全体に被せる冠で作製したものなどもあります。

  • 院長・スタッフ紹介
  • 部分入れ歯
  • 総入れ歯
  • 料金表
  • アクセス
  • 入れ歯無料相談

入れ歯無料相談

入れ歯でお悩みの方、お気軽に無料相談にご来院ください。 03-5383-8211

  • ドクターズファイル
  • 大山歯科医院 本院サイト
  • ドクターブログ
  • 何でも噛める 痛くない 精密総入れ歯
  • 何でも噛める 痛くない 精密総入れ歯

当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

  • 充実のカウンセリング
  • 圧倒的な症例数
  • 徹底的な咬合検査
  • 入れ歯専門技工所と連携
  • 究極の部分入れ歯
  • 究極の総入れ歯

当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

  • 充実のカウンセリング
  • 圧倒的な症例数

当院の入れ歯治療が選ばれる6つの理由

  • お悩みを聴くことへのこだわり
  • 過去の実績への誇り
  • お口だけではなく全身を診る治療
  • 入れ歯の匠との提携
  • 入れ歯症例集
  • 入れ歯にまつわる質問

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211