あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

アクセス

入れ歯をした時の口臭がきになります

2019年12月2日 (月) 16:30

「入れ歯の臭いをどうにかしたい」「入れ歯をした際に口臭が気になる」と、ご相談を患者さまより頂くことがあります。入れ歯を清潔に保とうとケアを行っているのにもかかわらず、入れ歯から臭いがすることが悩みとなっている患者さまも少なくありません。そこで今回は、入れ歯の臭いを抑える方法、なぜ入れ歯装着時に臭いが気になるのか、詳しくご紹介して参りましょう。

 

▼なぜ入れ歯は臭う?

「入れ歯を清潔にしているつもりなのに、入れ歯が臭う」と患者さまよりご相談いただく事も多くありますが、入れ歯が臭う原因の1つは「清掃不良」であります。

 

天然の歯と同様に適切に清掃が行われていない場合には、細菌が増殖し塊となってプラークに姿を変えて蓄積していきます。細菌の増殖は臭いの原因となるために、入れ歯が臭う場合には清掃が適切に行われていない可能性が高いと考えられます。

 

▼入れ歯の清掃・保管方法を確認

入れ歯をしっかりと清掃しているようで、できていない場合には入れ歯の清掃・保管方法を再確認しましょう。

 

【流水下で洗う】

流水である程度の汚れを落としましょう。また、入れ歯は非常に乾燥に弱いため、流水下  で洗いやすくしましょう。

 

【水を張った洗面器の上で洗う】

入れ歯は落下しやすいために、予防策として水を張った洗面器の上で洗いましょう。

 

【入れ歯専用ブラシを使用する】

歯ブラシではなく、入れ歯を洗うために作られた専用のブラシを使用しましょう。

 

【歯磨き粉は使用しない】

歯磨き粉には研磨剤が含まれており、入れ歯を傷つけるリスクがあり、細かい傷ができると、その溝に細菌が溜まりやすくなります。歯磨き粉の使用は避けましょう。

 

【磨く順番を決める】

磨き忘れを防ぐため、磨く順番を決めましょう。

 

【入れ歯洗浄剤の併用】

入れ歯洗浄剤は目に見えない細菌を除菌することを目的として使用されます。通常のブラシによる清掃では細菌まで除菌できかねるため、入れ歯洗浄剤を毎日使用することをおすすめします。

 

▼汚れが溜まる部位を知ろう

入れ歯のタイプによって汚れが溜まりやすい部位が異なるために、しっかりと理解してきましょう。

 

【部分入れ歯】

健在する歯に引っ掛けるクラスプと呼ばれる金属に、汚れが溜まりやすく、清掃も見落としがちになります。

 

【総入れ歯】

歯肉に面する義歯床に汚れが溜まりやすくなります。また、歯と歯の間の溝も天然歯同様に汚れが溜まりやすい傾向にあります。

 

以上、今回は入れ歯にこびりつく臭いについて、なぜ臭いがするのか、その原因と対処法についてご紹介して参りました。入れ歯の臭いが気になる場合には、今回ご紹介した方法をお試しください。

カテゴリー: 口臭

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211