あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

アクセス

入れ歯の調整をするのにどれくらい費用がかかりますか?

2019年5月10日 (金) 17:24

入れ歯は失った歯の機能を補う為の補綴物であり、とても繊細なものであります。髪の毛が口の中に誤って入ってしまった場合、違和感や異物感から吐き出す人も少なくありませんが、髪の毛よりも何十倍にも大きい入れ歯をフィットさせるために、何度も調整を行うケースも多く見受けられます。そこで今回は、入れ歯を調整するには、どのくらいの費用や期間を必要とするのか、詳しくご紹介しましょう。

▼入れ歯の調整の費用は?

入れ歯自体の作製には保険診療で5,000円~10,000円程で入れ歯を作製することが可能でありますが、調整の場合には1,000円~2,000円程度の費用で行うことができます。しかし、初診料かそうでないか、他の処置を行うことで費用に違いが出てくるため、調整を行う前にどのくらいの費用が必要であるか、歯科医院に確認を取ることをおすすめいたします。

 

▼入れ歯の調整はどのタイミングで行うの?

入れ歯の調整は、「入れ歯が合わない」、「痛い」と感じている時が調整のタイミングです。我慢をしたり、自らヤスリで削り表面を滑らかにしたりすることなく、歯科医院での調整を行いましょう。

 

入れ歯が痛いと感じているのに我慢してしまった場合には、歯肉や軟組織を余計に傷つけてしまったり、自身でヤスリをかけてしまったりした場合には、修理や新たに入れ歯を作製する必要な状態に陥ってしまう恐れもあるために、控えましょう。ただし、健康保険制度上の問題点として健康保険で作成した入れ歯は、月に一度の調整しか認められていないのが現状です。

 

▼入れ歯の調整はなぜ必要なの?

人間の口の中はとても過酷な環境下にあり、加齢と共に歯肉が痩せたり、歯を支える役割のある歯槽骨が徐々にやせたりしていきます。更に、歯周病に罹患している場合には、病状が進むにつれて、歯肉や歯槽骨、その他の歯周組織が吸収されて入れ歯が合わなく感じてきます。

 

「入れ歯は一生もの」と勘違いをされている人も少なくありませんが、入れ歯は定期的な調整が必要であり、時には修理や作り直しが必要となる補綴物です。

 

以上、今回は入れ歯を調整するための費用や、なぜ入れ歯の調整が必要になるのかを、詳しくご紹介してまいりました。入れ歯の大半はレジンと呼ばれる歯科用プラスチックで形成され、強度を維持するために分厚く作製されており、お口の中に違和感や異物感、更には軟組織に痛みを感じたりします。特に作製したては保険診療で作製した入れ歯、自費診療で作製した入れ歯関わらずに調整が必要なこともあり、時間を掛けて調整する必要があります。

 

入れ歯製作や調整をお考えの場合には、お気軽にご相談ください。

 

 

カテゴリー: 入れ歯の費用

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211