あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

アクセス

入れ歯の安定が悪いのですがどうしたらいいのでしょう?

2019年12月18日 (水) 16:38

入れ歯の安定が悪いと市販されている入れ歯安定剤の使用を検討される患者さまも少なくありませんが、本来入れ歯は入れ歯安定剤を使用することなく、安定していなければなりません。そこで今回は、入れ歯の安定性が悪いと感じた際の対象法についてご紹介して参りましょう。

 

▼入れ歯の安定性が悪いと感じる瞬間は?

入れ歯の安定性に1度でも不安を覚えると、「入れ歯が外れたらどうしよう」「今日は大事な日、入れ歯のガタつきで恥をかきたくない」などの理由からも、入れ歯が外れない安心を求め、入れ歯安定剤を使用する人も少なくありません。

 

入れ歯の安定性に不安を覚えるシーンは以下の通りとなります。

 

【おしゃべりをしている時】

おしゃべりに夢中になっていると、入れ歯が外れそうになります。

 

【食べ物が入れ歯と歯肉の隙間に入る】

入れ歯の安定性が悪いと歯肉と入れ歯の間に隙間が生まれ、そこに食べカス(食物残渣)が入り込み、違和感や痛みを覚える恐れがあります。

 

【入れ歯が咬むときにガタつく】

入れ歯で食事をする際に、ガタつきしっかりと咬むことができず、安定性に欠ける恐れがあります。

 

▼入れ歯の安定性が悪い場合の対象法は?

 

【一時的な安定剤の使用】

入れ歯の安定性に不安を感じている場合には、安定性が有効ですが一時的な対処法であり、入れ歯安定剤が必要なほどに安定性に優れない場合には、速やかに歯科医院にて調整や修理を行う必要があります。

 

【速やかに受診】

やはり安定性が悪いと感じる場合には、歯科医院へ受診しましょう。そのまま使用し続けると、お口の中を傷つける恐れや、食べ物をよく咬み込めない理由から消化不良となってしまう恐れもあり、更に咬み合わせがずれることで、様々な支障をきたす恐れがあります。

 

また、何度も調整を行っても改善しない場合には、新しく入れ歯を作り替えることも視野においておきましょう。

 

▼なぜ安定が悪くなるの?

お口の中の状況は日々変化し続けるために、ずっと同じ入れ歯を快適に使用できる保証はなく、定期的なメインテナンスを受け、入れ歯の安定性を保つ必要があります。

 

以上、今回は入れ歯の安定が悪い場合、どのように対処するべきであるか、ご紹介してまいりました。お口の中は常に変化し続けるため、定期的なメインテナンスを受け、入れ歯の安定が悪く、入れ歯が急に外れてしまうアクシデントをさけましょう。入れ歯のことでお困りの場合には、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 装着時の違和感

« »

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211