あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

アクセス

前歯を入れ歯にできますか?

2019年12月20日 (金) 16:42

前歯の部分入れ歯を検討されている方へ。

入れ歯を作製するにあたり、保険診療と自費診療のどちらの方法で入れ歯を作製するか、選択することができることはご存知でしょうか。特に前歯の入れ歯は、口元の印象を大きく変えてしまうために、自費診療で入れ歯を作製する患者さまも少なくありません。今回は、前歯の入れ歯は「自然な見た目になるのか?」「滑舌に問題はないか?」「違和感はないか?」「費用はどれくらいか?」という気になる点を解消していきたいと思います。

▼前歯の入れ歯は自然な見た目になる?

入れ歯には保険の入れ歯と自費診療の入れ歯あります。保険の入れ歯はこのように金属のバネが見えてしまっており、入れ歯をしていることが周囲の方に気付かれてしまいます。

①中学生のお子さんがいらっしゃる女性の患者様

こちらの患者様の保険の入れ歯は、当院にご相談にこられた時に装着されていた治療前のものになります。やはりバネが人目をひく状態であり、さらに歯周病も進行していたので当院で歯周病の治療を行いました。

★大山歯科医院の歯周病専門サイトはこちら

その後、歯周病の治療を行った後に自費診療の入れ歯をおつくりしてこのように見た目の自然なお口になり、ご本人に笑顔が戻りました。

さらに自費診療の入れ歯ですと、当院ではこのような自費診療の入れ歯(取り外し可能の入れ歯)をおつくりしました。

②40代の男性の患者様

こちらの患者様は前歯が抜けてしまっており、当院で前歯の入れ歯をおつくりすることになりました。

そして歯周病の治療をしっかりと行ってから、入れ歯の製作(取り外し可能の入れ歯)に取り掛かりました。見た目にも自然なお口を取り戻すことになりました。また、前歯以外も、上顎(5本)と下顎(10本)の歯をセラミックの白い被せ物にされたので、さらに自然な見た目となりました。

このように自費診療の前歯の入れ歯は自然な見た目になりますので、お口をあけて笑うことができるようになったという患者様がたくさんいらっしゃいます。

 

▼前歯の入れ歯(自費診療)は滑舌は問題ない?違和感はある?

自費診療の前歯の入れ歯ですと、空気が漏れることもなく通常通りの会話をすることができるようになります。また、きちんとフィットするように設計しておつくりしますので、安定感もあり違和感を感じにくいといえます。

 

 

▼前歯の入れ歯(自費診療)の治療費は?

保険診療で作製する入れ歯は総額の数割程度で作製することが可能でありますが、自費診療で作製する入れ歯は保険が適応しないために、高価となります。当院での前歯の入れ歯の費用は350,000円~となり、入れ歯の本数、材質、設計によってその価格は異なっていきます。

 

▼前歯の入れ歯(自費診療)特徴

前歯の入れ歯の場合、保険診療で作製した入れ歯には、クラスプと呼ばれる金属の引っ掛けを歯にかけて入れ歯を維持しなければならず、口元からクラスプが見えてしまうケースも多く見受けられ、審美性に劣ってしまう傾向にあります。

 

一方、自費診療では審美性にも機能性にも優れた入れ歯を作製することが可能であり、金属のクラスプを必要としない入れ歯を作製することができます。

 

▼自費診療の入れ歯はこんな人におすすめ

・クラスプ(金属)が口元から見えるのが嫌な人

・インプラント治療が難しいと言われた人

・入れ歯に抵抗がある人

・入れ歯と歯肉の間に食べカスが入ってしまい咬むと痛い人

・保険診療で作製した入れ歯に満足できない人

・入れ歯がすぐ外れてしまう人

・金属アレルギーの人(金属床以外)

 

以上、今回は前歯の入れ歯にかかる費用(自費診療)などについて詳しくご紹介して参りました。口元から見えるクラスプ(金属)に抵抗がある人、入れ歯自体に抵抗がある人、更には金属アレルギーのため保険診療で作製した入れ歯が不向きな人など、様々な人におすすめする自費診療の入れ歯ではありますが、歯科医院ごとにその価格も様々であります。当院での入れ歯作製をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

当院ではLINEでの入れ歯ご相談や入れ歯検診の予約を受け付けています。

こちらをクリックしてお友だち登録を!


 

 

カテゴリー: 前歯の入れ歯

«

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211