あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

アクセス

年齢が若いのですが、入れ歯治療は可能ですか?

2019年11月29日 (金) 16:25

 

時に「年齢が若いのですが、入れ歯治療は可能ですか?」とご質問を頂くこともあります。入れ歯治療に年齢制限はなく(赤ちゃんや幼児を除く)、必要であればどなたでも入れ歯治療をうけることが可能です。しかし、年齢が若い人ほど入れ歯に抵抗を覚える人も多く、入れ歯治療に一歩踏み出せないでいる人も少なくありません。そこで今回は、なぜ若くても入れ歯が必要となるのか?詳しくご紹介して参ります。

大山歯科医院でも、20代、30代、40代の入れ歯の患者様が多くいらっしゃいます。歯がボロボロになったことを歯医者さんに怒られるのではないかと思ってなかなか歯科医院に相談に行くことができないというお気持の方がいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。大山歯科医院の院長は丁寧に親身にご相談にのります。まずは一度勇気を出して、歯科医院にご来院ください。

 

▼入れ歯は何歳から?

入れ歯の必要性があれば、20代、30代、40代からでも入れ歯治療を受けることができます。しかし、中には若くして入れ歯が必要となった事態を重く受け止め、入れ歯に抵抗を感じる人も少なくありません。

 

▼なぜ入れ歯が必要なのか?

そもそも入れ歯はなぜ必要なのでしょうか。歯を1本や2本失っても何も影響がないように思えますが、実際には歯を1本でも失うと、咬み合わせにズレが生じ、様々な支障をきたす恐れがあります。

 

例えば数本の歯を失い入れ歯が必要となった場合、入れ歯治療を受けないまま、歯が無い状態のままでいると、健在する歯が徐々に空いているスペースに移動する傾向にあり、咬み合わせにズレが生じる恐れがあります。

 

また、咬み合う歯を失うと、対合歯である歯が徐々に浮いてくるケースも見受けられ、歯を失うことで様々な支障が生まれてしまう恐れがあり、歯を失った際の治療法の1つとして入れ歯が必要とされています。

 

▼入れ歯に抵抗がある人におすすめの入れ歯

入れ歯は「入れ歯は金属の引っ掛けが見える」、「高齢者が使用するイメージが強い」などの理由から敬遠されがちでありますが、一方でインプラントは治療費が高価、外科手術が必要となるために治療法に戸惑う人も少なくありません。

 

そこでおすすめしたいのが一目みただけでは入れ歯とは分かりづらい、自費診療で作製する入れ歯であります。自費診療の作製であれば、1番ネックであった審美性に優れた入れ歯を作製することができ、金属の引っ掛け(クラスプ)を使用することなく、装着することが可能となり、年齢が若い患者さまにも抵抗なく入れ歯治療を受けて頂けるようになります。

 

以上、今回は年齢が若くても入れ歯治療が受けられるのか、なぜ入れ歯治療が必要なのか、若い年齢層にも抵抗なく入れ歯治療を受けられるおすすめの入れ歯等について、詳しくご紹介して参りました。入れ歯治療をお考えの場合にはお気軽にご相談下さい。

当院ではLINEでの入れ歯相談・入れ歯検診予約を受け付けています。

こちらをクリックしてお友だち登録を!

 

カテゴリー: 若くして入れ歯

« »

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211