あなたの入れ歯がなぜ合わないのか 入れ歯検診で一度確認してみませんか? 詳しくはこちら

アクセス

入れ歯をなくしたのですが無料で作り直せますか?

2019年11月25日 (月) 16:19

 

時に「入れ歯を紛失した」と患者さまよりご相談頂きますが、入れ歯を再度作り直す場合は無料で制作することは出来兼ねてしまいます。入れ歯は常に使用していれば紛失しにくいアイテムの1つですが、ふと外した時に無くすことの多い入れ歯を紛失した場合には、代用品で賄うことは困難であり、新たに入れ歯を作製するまで、費用と時間が必要となります。そこで今回は、入れ歯を無くさないように、気を付けたい注意点などを詳しくご紹介します。

 

▼入れ歯を紛失するシチュエーションは?

入れ歯を紛失するシチュエーションは意外にも身近な場面にあり、注意しましょう。

 

【シチュエーション1:普段外さない場所で外す】

ランチ後、レストランの化粧室で入れ歯をさっと水洗いした際に、急いでいたために洗面台の上に置き忘れてしまう。

 

【シチュエーション2:CT撮影時にティッシュにくるむ】

CT撮影やレントゲン撮影時には金属を含む入れ歯も外さなければならないケースもあり、その際に用意されているティッシュで包む、または紙コップに入れ歯を入れて撮影することも多く見受けられ、そのまま紛失してしまう。

 

【シチュエーション3:どこに置いたか忘れてしまった】

入れ歯専用の容器を用意していないため、自宅で外した際に紛失してしまった。数日後に入れ歯を発見するものの、入れ歯は乾燥に弱いために、変形してしまい、入れ歯を装着すると痛みを感じるようになった。
▼入れ歯の紛失を防ぐためには?

入れ歯を紛失してしまうと、代用品などもないために、新しい入れ歯が出来上がるまでの期間、食事が思うようにできなかったり、上手く言葉を発音しづらくなったり、生活に支障がでてしまうために、入れ歯を紛失しないように対策しましょう。

 

【入れ歯紛失の対策1:ティッシュで包まない】

ゴミと間違えて、捨ててしまうリスクも伴うために、入れ歯をティッシュで包むことを避け、やむを得ず外す場面がある場合は、ハンカチに包みましょう。

 

【入れ歯紛失の対策2:入れ歯専用の容器を用意】

入れ歯を外す時間が長い場合には、入れ歯を保管する専用の容器を用意しましょう。

 

【入れ歯紛失の対策3:入れ歯を外したら、すぐに戻す(口腔内or容器)】

入れ歯を予定外に外した場合はすぐにまた装着する、または容器に保管するように意識し、習慣付けましょう。

 

▼保険診療の場合には条件がある?

入れ歯を紛失したために、新たに入れ歯を保険診療で作製する場合には、前回の入れ歯作製から6ヶ月以上経過していることが条件になります。たとえ入れ歯を紛失したとしても、作製から6ヶ月似内に紛失した場合には、保険診療適応となりません。

 

以上、今回は入れ歯を紛失した際の費用、及び注意点などについてご紹介して参りました。紛失した際も費用は自己負担となるため、入れ歯の紛失をしないための対策を行い、未然に防ぎましょう。

 

 

 

カテゴリー: 入れ歯の作り直し

入れ歯の寿命はどれくらいですか?

2019年11月20日 (水) 16:19


みなさん、入れ歯に寿命があることをご存知でしょうか。「入れ歯は一生もの」と、イメージを持たれる患者さまも少なくありませんが、入れ歯には寿命があります。そこで今回は、なぜ入れ歯には寿命があるのか、どのくらいの期間の間、入れ歯を使用することができるのか、詳しくご紹介して参りましょう。

 

入れ歯は歯周病や虫歯によって歯を失った場合に作製される補綴物です。ほとんどの入れ歯は歯科用レジンと呼ばれるプラスチックで形成されています。お口の中はとても過酷な環境であり、歯肉が衰退したり、新たに歯を失ったり、様々な理由で入れ歯は寿命を迎えると考えられ、その寿命は3~5年と言われています。

 

次に、なぜ入れ歯に寿命があるのか、1つ1つご説明しましょう。

 

【入れ歯に寿命がある理由】

▼歯を支える歯槽骨が痩せてしまう

歯槽骨は、加齢によって痩せていく傾向にありますが、更に歯周病に罹患している場合には、症状が進行していくにつれ、歯槽骨も痩せて行ってしまうために、入れ歯が合わなくなり、新たな入れ歯を作製する必要性がでてきます。

 

▼入れ歯の噛み合わせ部分がすり減ってしまう

入れ歯は歯科用レジン(プラスチック)で形成され、咬み合わせ部分も歯ぎしりや経年劣化によりすり減ってしまい、咬み合わせが合わなくなり、新たに入れ歯の作製が必要となります。

 

▼破損してしまう

入れ歯は稀に割れてしまうことがあります。歯科用レジン(プラスチック)で形成されているため、特に保険診療で作製した入れ歯の場合には、破損してしまう恐れがあります。修理が可能な場合もありますが、場合によっては新たな入れ歯を作製する必要性が出てきます。また、割れた部分を接着剤で装着して応急処置を行う患者さまも少なくありませんが、なるべく避けることをおすすめいたします。

 

▼新たに歯を失う

意外にも新たに入れ歯を作製する理由として1番多い理由は、新たに歯を失うことです。歯周病や虫歯などで新に歯を失った場合には、現在使用している入れ歯を引き続き使用することは困難であり、新たな入れ歯の作製が求められます。

 

これらの理由から、入れ歯の寿命は3~5年と言われていますが、入れ歯を長持ちさせるためには、どうすれば良いのでしょうか。

 

【入れ歯を長持ちさせるには?】

▼お手入れは丁寧に

入れ歯の手入れは意外にも大変であり、疎かにしてしまう人も少なくありません。しかし、入れ歯を清潔に保つことは入れ歯に寿命を延ばすためには必要不可欠です。

 

▼適切な保管を

入れ歯を外して睡眠をとる場合には、必ず水の中で保管しましょう。入れ歯は乾燥に弱く、破損や変形の原因となります。ただし、精密に作られた入れ歯の場合、睡眠時入れ歯を外す必要はありません。

 

▼歯周病や虫歯予防

歯周病や虫歯で歯を失った場合には、新たに入れ歯の作製が必要となるために定期健診を行い、これ以上歯を失うことのないようにケアしましょう。

 

以上、入れ歯の寿命などについて、ご紹介して参りました。寿命はだいたいの目安であり、個人によってその期間は様々となります。失った歯の機能を補う入れ歯の作製をお考えの場合には、なんなりとご相談ください。

 

カテゴリー: 入れ歯の寿命

入れ歯の調整をするのにどれくらい費用がかかりますか?

2019年5月10日 (金) 17:24

入れ歯は失った歯の機能を補う為の補綴物であり、とても繊細なものであります。髪の毛が口の中に誤って入ってしまった場合、違和感や異物感から吐き出す人も少なくありませんが、髪の毛よりも何十倍にも大きい入れ歯をフィットさせるために、何度も調整を行うケースも多く見受けられます。そこで今回は、入れ歯を調整するには、どのくらいの費用や期間を必要とするのか、詳しくご紹介しましょう。

▼入れ歯の調整の費用は?

入れ歯自体の作製には保険診療で5,000円~10,000円程で入れ歯を作製することが可能でありますが、調整の場合には1,000円~2,000円程度の費用で行うことができます。しかし、初診料かそうでないか、他の処置を行うことで費用に違いが出てくるため、調整を行う前にどのくらいの費用が必要であるか、歯科医院に確認を取ることをおすすめいたします。

 

▼入れ歯の調整はどのタイミングで行うの?

入れ歯の調整は、「入れ歯が合わない」、「痛い」と感じている時が調整のタイミングです。我慢をしたり、自らヤスリで削り表面を滑らかにしたりすることなく、歯科医院での調整を行いましょう。

 

入れ歯が痛いと感じているのに我慢してしまった場合には、歯肉や軟組織を余計に傷つけてしまったり、自身でヤスリをかけてしまったりした場合には、修理や新たに入れ歯を作製する必要な状態に陥ってしまう恐れもあるために、控えましょう。ただし、健康保険制度上の問題点として健康保険で作成した入れ歯は、月に一度の調整しか認められていないのが現状です。

 

▼入れ歯の調整はなぜ必要なの?

人間の口の中はとても過酷な環境下にあり、加齢と共に歯肉が痩せたり、歯を支える役割のある歯槽骨が徐々にやせたりしていきます。更に、歯周病に罹患している場合には、病状が進むにつれて、歯肉や歯槽骨、その他の歯周組織が吸収されて入れ歯が合わなく感じてきます。

 

「入れ歯は一生もの」と勘違いをされている人も少なくありませんが、入れ歯は定期的な調整が必要であり、時には修理や作り直しが必要となる補綴物です。

 

以上、今回は入れ歯を調整するための費用や、なぜ入れ歯の調整が必要になるのかを、詳しくご紹介してまいりました。入れ歯の大半はレジンと呼ばれる歯科用プラスチックで形成され、強度を維持するために分厚く作製されており、お口の中に違和感や異物感、更には軟組織に痛みを感じたりします。特に作製したては保険診療で作製した入れ歯、自費診療で作製した入れ歯関わらずに調整が必要なこともあり、時間を掛けて調整する必要があります。

 

入れ歯製作や調整をお考えの場合には、お気軽にご相談ください。

 

 

カテゴリー: 入れ歯の費用

入れ歯を保険で作る時どれくらい期間がかかりますか?

2019年4月28日 (日) 17:20

入れ歯を作製するにあたり、患者さまよりよくご質問頂くのが「入れ歯の作製期間」です。虫歯治療で歯を削る、型を取る、補綴物の作製、装着と工程があるように、入れ歯の作製にもいくつもの工程が存在し、期間も異なります。そこで今回は、保険診療で作製する入れ歯の作製期間について詳しくご紹介致しましょう。

 

▼保険診療の入れ歯の作製期間は?

保険診療で作製する入れ歯の作製期間は、どのくらいの期間が必要なのでしょうか。保険診療で入れ歯を作製する場合には、材料、器具、機器、工程まで指定されているために、作製期間も限られた期間で作製する必要があります。

 

保険診療の入れ歯の作製は2週間から1ヶ月程で完成となり、その後さらに微調整が必要になることも多く見受けられます。

 

入れ歯はとても繊細なものであり、入れ歯を装着して違和感がなくなるまで調整するには、調整の都度に口の中で慣れさせていく必要があります。そのため個人差はありますが2ヶ月~3ヶ月程度で違和感なく入れ歯を使用することができるようになる傾向にあります。

 

▼入れ歯の作製工程は?

以下が入れ歯を作製するための工程です。

 

1)印象採得

お口の中の型取りを行います。

 

2)咬合採得

咬み合わせの型取りを行います。

 

3)試適・咬合圧印象

ある程度の形が形成された咬合床を実際にお口の中に装着し、歯並びや、咬み合わせを確認した上で、粘膜側の型取りを行います。

 

4)装着・完成

完成した入れ歯を装着して入れ歯作製は完了となります。しかし、お口の中に装着して慣らすためにも、数回の調整が必要になる場合も多くあります。

 

▼自費診療と作製期間は違うの?

保険診療で入れ歯を作製する場合には限られた材料、器具、機器、工程で作製する必要があるために、製作に時間を費やすことは困難です。

 

一方、自費診療で入れ歯を作製する場合には、優れた材料、器具、機器、必要となる工程を定められるために、その作製期間も長くなり、保険診療で作製する場合より更に精密な型取りや、より精巧な調整をおこなうことが可能であり、2ヶ月~3ヶ月の作製期間を設け、調整を経てフィット感のある入れ歯を作製することが可能となります。

 

以上、今回は保険診療で作製する場合の入れ歯の作製期間や工程について、詳しくご紹介してまいりました。入れ歯の作製期間は、入れ歯自体を作製する期間とプラスして、入れ歯を調整する期間も含めて予定を組むといいでしょう。入れ歯の作製を考えの場合には、お気軽にご相談下さい。

カテゴリー: 入れ歯の制作期間

入れ歯が出来上がるまでの期間はどれくらいですか?

2019年4月5日 (金) 17:14

「歯を失った場合には、入れ歯を入れればいい」そんな安易な考えをお持ちの人も少なくありません。しかし、入れ歯はあくまでも人工物であるために、味覚が感じにくかったり、違和感を覚えたりする人も少なくありません。そこで今回は、入れ歯を入れるとなぜ味覚がかわってしまうのか、詳しくご紹介しましょう。

▼味覚はどこで感じる?

味覚は人間が持つ五感の1つであり、味覚の他には、視覚、聴覚、嗅覚、触覚が存在します。お口の中には味覚と触覚が存在し、触覚は粘膜、味覚は舌と軟口蓋に存在します。味覚の大半は舌で感じるものでありますが、口の中の天井部分である口蓋のなかの軟口蓋の部分にも味覚が存在します。軟口蓋は口の中の奥に存在し、舌根部付近に位置します。

 

▼味覚がかわる原因は?

入れ歯を装着することで味覚がかわる原因として考えられるのは、上顎の入れ歯が原因となり味覚に支障がでる恐れがあります。上顎の入れ歯の支えになる軟口蓋にも味覚が存在し、軟口蓋が入れ歯と接触することで味覚がかわつたように感じると、予想されます。

 

また、お口の中が乾燥しがちになると、味覚が劣る傾向にあり、唾液の分泌量にも注意をしなければなりません。

 

▼味覚に支障がでる場合の対策は?

上顎の入れ歯は口蓋で入れ歯を維持するために、入れ歯の形を極端に変えることは困難ではありますが、入れ歯を極力小さくすることで、味覚が改善する場合もあります。

 

保険診療で作製する入れ歯は歯科用レジンで作製されているため、入れ歯の厚さを薄くしたり、小さくしたりすることは困難でありますが、自費診療の金属床義歯の場合、床にしようする材料が金属であるために極力薄く作製することが可能です。

 

実際に厚さを測ってみると、保険診療で作製した入れ歯の厚さは約2.0mmに対して、自費診療で作製した金属床の入れ歯は約0.5mmとその差は歴然であり、小さくコンパクトに入れ歯を作製することによって、味覚を感じやすくすることが可能です。

 

また、金属床は熱伝導率も高いために、食べ物の暖かさを直に感じることができるために、更に食事を味わってすることが可能となります。

 

以上、今回は入れ歯の装着時に味覚がなぜかわるのかを詳しくご紹介して参りました。食事をすることは生きるために必要不可欠であり、「入れ歯だから美味しく食事ができない」などと諦めている人も少なくありませんが、金属床の入れ歯を装着することで、改善することも少なくありません。入れ歯の作製をお考えの場合には、お気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 入れ歯の制作期間

« 古い記事へ 新しい記事へ »

ご相談・お問合せはこちら 03-5382-8211

タップでTELする 03-5382-8211